女性特有の頭痛について

頭痛には❝手浴❞が効果的

2017.09.12

手浴を行うと効果的なのが頭痛です。

頭痛にも色々あります。

脳の中の血管が収縮するか拡張するかで起こる偏頭痛は「血管性頭痛」と呼ばれますが、こういう時には早く解決するためにも「手浴」が効果的です。

顔が青い時には40度~43度くらいのお湯

顔が赤い時には18度~20度くらいの冷水に手を浸けます。

両方とも2分くらいの休憩を挟みながら、5分くらい手を浸けるのを繰り返します。

一方、心身の極度な緊張が原因で、後頭部を締め付けられるような重い痛みを感じるのが「緊張性頭痛」。こんな時には、手または足を、お湯と水に交互に浸けます。

42度以上のお湯に3分、水に10秒というセットを5~6回繰り返します。緊張をほぐすためには、じっくりとぬるめの半身浴を行い、副交感神経を優位にすることも効果的です。

 

『手浴おさらい』

・血管性頭痛・・・顔が青い➡40度~43度くらいの「お湯」

顔が赤い➡18度~20度くらいの「冷水」

伴に5分浸けて、2分休憩を3回程繰り返す。

 

・緊張性頭痛・・・42度以上のお湯に3分、水に10秒を5~6回繰り返す

 

ちょっとした豆知識で頭痛薬から解放されたら嬉しいですね。

 

 

 

 

お住まいや職場が生駒市、奈良市、大和郡山市、東大阪市、香芝市、柏原市、四條畷市

周辺の方で不妊症頭痛生理痛マタニティ中の体調不良産後骨盤矯正更年期障害

肩こり腰痛神経痛めまいイライラ倦怠感交通事故治療で治療院をお探しの方は

是非、鍼灸整骨くわたへお越しください。

❝身体を変えて未来を変える❞お手伝いをさせていただきます。

 

鍼灸整骨くわた

奈良県生駒市小瀬町94-1

0743-76-1235

 

記事一覧次ページ»

関連記事

カレンダー